オリオン座流星群 時間帯 - それ、知っとこ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オリオン座流星群 時間帯

近年のオリオン座流星群は例年と比較して活性しており、話題になる年が多くなっています。例えば2006年には1時間当たりにマキシマムで100個も発生しました。またその翌年にも同レベルの発生を数えることができました。2010年のケース、極大時間は10月22日1時から3時頃と予測されており、こちらの面ではバッチリです。といっても今年2010年に関しては、過度に待ちのぞみしない方がよいでしょう。

夜空にオリオン座が浮かんでいるのを見ると

東京のケースを例にとると、月の入り時間は4時54分なのに対し、空が白みし掛けるのは4時28分。これでは暗やみでの観察はムチャといえます。いくら極大時間のコンディションが良くても、満月に近い大きな月灯かりに一晩中夜空を照らされてはたまりません。残念ながら2010年の流星の発生数は大きく縮小してしまうでしょう。
スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。