オニカマスの危険性と被害 - それ、知っとこ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オニカマスの危険性と被害

オニカマスは、沖縄近海に多く分布する1mにも達するカマスの一種。

別名:バラクーダ。

が鋭くルアーフィッシングでも有名です。

サメ同様に人を襲いますので危険です。

スキューバダイビングをしている人が特に被害にあいやすいかと思われます。

オニカマスは非常に気性が荒く、すぐに噛みつこうとします。

応急処置として止血が必要です。

オニカマスの危険なところは、「シガテラ毒」です。

熱帯の魚に多く蓄積される毒です。

人がこの毒を持っている魚を食べると数時間後に中毒症状を起こします。

死に到るほどではありませんが、症状はとてもきついといわれています。

海には他にも危険な魚が沢山います。

釣魚識別図鑑
スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。